欠航でも安心!エアドゥの充実対応

エアドゥの航空券を予約したけど便が欠航…そんなときエアドゥからどんな対応をしてもらえる? - 飛行機の遅延の際の行動指針。

飛行機の遅延の際の行動指針。

飛行機が遅延することはそれなりによくあることです。では、実際に遅延した場合は、どんなことに気をつけて行動したら良いのでしょうか?実は、遅延の場合は、欠航の場合よりも少し判断が難しい場面があるんです。

どれくらいの遅延なのかを見極めましょう。

まず、飛行機が遅延した場合は、すぐにどの程度の時間の遅延なのかを見極めましょう。それをしないと、その後の計画が立てられなくなってしまいます。半日遅れるのか、1時間遅れるのかではその後が全く変わってきますからね。

直後の連絡はやっぱり重要です。

欠航の場合でも遅延の場合でも、それが判明した後にすぐに関係者へ連絡することは必須です。特に遅延で、実際にどの程度の時間遅延するかわからないような時は、その旨をしっかりと伝えましょう。遅延の時間がわかるまで時間がかかる時は、尚更ですね。

他の移動手段との比較をしましょう。

緊急のプロジェクトで移動をする際などは1分1秒を争うこともあります。そのため、遅延が決まり次第、他の移動手段のことを考えてみましょう。空港は街中から離れたところにあるのが通常であるため、そこから駅への移動時間なども踏まえて、他の移動手段との比較を行います。
遅延の時間が判明しない場合は、他の移動手段を使ったほうが早いか否かの判断は非常に難しくなります。そういった場合は、連絡だけを済ませ、そのまま空港で待つ方が得策かもしれません。

とにかく焦らずに慎重に判断していきましょう。

このように、遅延の場合は、遅延時間が確定しないことも多く、その後の行動を判断するのは難しい場合が多いです。そういった場合は、焦って他の移動手段を選択するよりも、空港で待つ方が特になる場合があります。焦りすぎると結果として悪い手段を選択してしまう恐れがありますからね。

関連する記事

Copyright(C)2017欠航でも安心!エアドゥの充実対応All Rights Reserved.